2020年4月12日(日)花舟 鹿コース

2020年4月12日(日) 花舟 鹿コースの結果

サイト名:花舟
種別:競艇
日付:2020年4月12日(日)
情報名:鹿

提供買い目:鳴門7R 3連単6点→桐生1R 6点

花舟買い目

的中買い目:鳴門7R3連単1-3-5(外部サイトで確認)→桐生1R 3連単1-4-2(外部サイトで確認)
投資:15,000円
回収:526,680
利益:511,680

本日紹介するのは2020年4月12日の日曜日に競艇予想サイト「花舟」で提供された有料コースの「鹿」の的中となります。

花舟の的中は何度か紹介していますが、今回はレギュラー情報の「猪鹿蝶」の中から、高配当重視である「鹿」コースのものとなります。

この日提供となったのは2レースのコロガシで、ボートレース鳴門で行われていた鳴門市長杯競走の3日目7Rから、ボートレース桐生で開催されていたドラキリュウカップの3日目1Rへのコロガシとなっていました。

花舟の買い目の特徴として挙げられるのはやはり「1枠を信頼」が基本であるという点です。1レース目はやはり1枠を信頼しての軸設定となりました。2レース目は番組の関係上唯一のA1レーサーとなった4枠竹井貴史選手を軸にしていました。

1レース目ではあっさりと3連単1-3-5で的中投資が2,500円に対し倍率が31.7倍という事でまずは79,250円を獲得する事に成功しました。

この配当をコロガシ先2レース目の桐生1Rに全額均等投資しました。1点あたりの投資額は端数切捨てで13,200円です。

こちらではA1レーサー竹井選手が2着で、1枠の森作選手が逃げ切りを決めての決着です。しかし、その買い目はしっかり押さえており3連単1-4-2が的中となります。

倍率は39.9倍でしたので、最終的な配当は526,680円となりました。高配当狙いのコースらしい結果にかなり満足の出来る結果となり一安心でした。高配当狙いという事もあり外れる事も当然あるのですが、参加したタイミングでしっかり的中が貰えるのは嬉しい限りです。

花舟で厳選予想をチェック

口コミ

タイトルとURLをコピーしました