2020年4月27日(月)舟遊記 銀角

2020/4/27 舟遊記 銀角の結果

サイト名:舟遊記
種別:競艇
日付:2020年4月27日(月)
情報名:銀角
提供買い目:福岡7R 3連単6点→尼崎11R 4点

舟遊記買い目

的中買い目:福岡7R3連単2-4-1(外部サイトで確認)→尼崎11R 3連単1-3-4(外部サイトで確認)
投資:15,000円
回収:373,920
利益:358,920円

本日紹介するのは競艇予想サイト「舟遊記」が2020年4月27日の月曜日に提供した有料コース「銀角」の的中結果です。

ちなみにサイト名は「しゅうゆうき」と読みます。パッと見では分からないかもしれませんが、サイトのモチーフは孫悟空で有名な「西遊記」となっており、情報名も今回的中した銀角の他にも金角や沙悟浄、猪八戒などやはり西遊記がモチーフです。

上級コースは「牛魔王」と「孫悟空」となっており、主役とラスボスの名前となっています。ちなみに、何故か三蔵法師コースはありません。

さて、今回紹介するのは「一発狙いの入門編」という中級コース「銀角」の的中となります。対となる金角が的中率重視という事ですので、的中を重視するのか?配当を重視するのか?で使い分けが可能となっているようです。

この日提供されたのはボートレース福岡で開催されていた一般戦、日本トーター杯の最終日7Rからボートレース尼崎で開催されていた一般戦、「B面の神戸」ええとこええとこBTS神戸新開地杯の3日目11Rへのコロガシでした。

1レース目の福岡7Rでは唯一のA級レーサーである2枠の三苫晃幸選手を信頼、カドの吉村和也選手も多めに購入の6点勝負で、1点あたりの投資額は1,500円~3,500円で合計投資額は15,000円でした。

まずはこちらで狙い通り3連単2-4-1で的中、倍率は15.2倍とそう高くはありませんでしたが、3,000円投資の買い目だった事からまずは45,600円タネ銭としてはまずまずの結果となりました。

この配当を全額コロガシ先2レース目である尼崎11Rに投入です。買い目点数は1レース目より抑えた4点勝負で、均等投資での勝負です。

この11RではA1レーサーである大池佑来選手を1着に固定です。メンバー唯一のA1という事で人気は集中しましたが結果としては3連単1-3-6で高めの決着となり、その倍率は32.8倍でした。

1レース目の配当を4等分、という事で投資額は1点あたり11,400円でしたので、最終的に‭373,920‬円を獲得する事が出来ました。

銀角の目標金額は20万円~80万円ですので、狙い通りの結果だったと言えます。目標金額に開きがあるのはやはり一発狙いのプランだから、という事になりますので、安定感が欲しいのならば正直金角プランの方が良いのかな?と個人的には思いますが、上にハネた時のコスパこそがこの銀角プランの魅力でしょう。

舟遊記で厳選予想をチェック

口コミ

タイトルとURLをコピーしました