2020年7月4日(土)花舟 蝶コース

2020年7月4日(土) 花舟 蝶コースの結果

サイト名:花舟
種別:競艇
日付:2020年7月4日(土)
情報名:蝶

提供買い目:平和島4R 3連単6点→平和島5R 6点

花舟買い目

的中買い目:平和島4R3連単3-1-5(外部サイトで確認)→平和島5R 3連単1-2-3(外部サイトで確認)
投資:15,000円
回収:493,770
利益:478,770

本日紹介するのは2020年7月4日の土曜日に競艇予想サイト「花舟」で提供された有料コースの「蝶」の的中となります。

花舟の的中紹介はおよそ1ヶ月ぶりという事で久しぶりですが、参加自体はちょくちょくしていました。

この日提供されたのはボートレース平和島で開催されていた一般戦、日刊スポーツ旗の3日目の4Rから5Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

点数は2レース共に6点、1レース目の投資額は15,000円となっていました。投資額は基本的にユーザーにお任せというのが花舟の基本スタイルですが、基本的には表示されている金額が推奨額というのが暗黙の了解です。

1レース目の平和島4Rでは登場メンバー唯一のA1レーサーである山本英志選手を信頼した買い目となっており、対抗には1枠の田中豪選手がメインとなっていました。

やはりA1級、山本選手がまくり差しでキッチリと勝利を収め3連単3-1-5での的中となりました。的中買い目への投資額は2,500円的中倍率は26.3倍でしたので、まずは65,750円の獲得となりました。

この配当をコロガシ先2レース目である5Rに全額投入です。投資は均等投資、買い目としては先程とはうって変わってB1の1枠、木村浩士選手を信頼した舟券となっていました。カドにはA1の佐藤大介選手も登場となりましたが、あまり重要視はしていませんでした。

接戦となったこの5R、結果としては3連単1-2-3での決着となりました。投資額は1レース目配当の1/6という事で10,900円的中倍率は45.3倍でしたので、最終的な配当は493,770円となりました。

バランス重視の蝶コースとしてはなかなか悪くない配当額で、満足度も高い結果となりました。花舟はやはり猪鹿蝶コースがメインと考えても良さそうで、その3種のどれに参加するのは完全に好みの問題と言えるかもしれません。

花舟で厳選予想をチェック

現在のイチオシ予想サイト

今回のイチオシ予想サイトは競馬からです!当サイトでもかなり新しく紹介しているサイトで、名前は「ゴールデン★スターズ」となります!

当サイトで紹介しているオススメ予想サイトの中でも新顔のこのゴールデン★スターズですが、2回の参加だけで既に「良い」予感がしています!

ゴールデン★スターズで扱う情報はランクは当然あるのですが、売っているキャンペーンを選ぶというよりは、予想を提供する馬券師そのものを選ぶスタイルが特徴の一つです。当然ながら、高配当レースでも的中させる事の出来る情報網と予想力を持っている馬券師であるほど、その金額は高くなります。

そして、初めて参加したのが限定コースである「ヴァイオレット・ツタンカーメン」です。ヴァイオレット・ツタンカーメンは謎めいた匿名の有力馬券師が情報を提供するもので、その期待値はかなりのものとなります。

この日提供されたのは8月23日の日曜、小倉の最終12Rの1レース勝負となります。ゴールデン★スターズの情報は大体土日で4鞍くらいの提供が多いのですが、このヴァイオレット・ツタンカーメンはなんと1鞍だけの提供です。

↓この日提供された実際の買い目画像がこちらになります↓

ゴールデンスターズ買い目

購入点数は3連単フォーメーションでわずか10点。投資額も1点あたり100円~500円を推奨されている事からも分かる通り、かなりの高配当狙いです。

10点という少点数、そして上限まで投資しても合計5,000円という少投資という事でどうなるか不安もありましたが、結果としては3連単10-16-9での的中です。

的中買い目への投資額はマックスの500円、的中倍率は驚きの2224.8倍でしたので、500円の馬券がなんと1,112,400円にもなってしまいました。8月23日の小倉12Rでの実際の的中結果はこちらからご確認ください。

初めて参加したにも関わらず限定コースで参加したというのは正直ちょっと失敗だったかな?という気がしないでもありませんが、ここまでの結果を見せられては何も文句は言えません。ゴールデン★スターズ、かなりやります。

ゴールデン★スターズで厳選予想をゲット!




的中厳選予想
無料で当たる競馬・競輪・競艇予想ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました