2020年9月24日(木)舟遊記 孫悟空

2020/9/24 舟遊記 孫悟空の結果

サイト名:舟遊記
種別:競艇
日付:2020年9月24日(木)
情報名:孫悟空
提供買い目:多摩川6R 3連単6点→福岡6R 4点

舟遊記買い目

的中買い目:多摩川6R3連単4-1-3(外部サイトで確認)→福岡6R 3連単2-4-5(外部サイトで確認)
投資:15,000円
回収:816,750円
利益:801,750円

本日紹介するのは競艇予想サイト「舟遊記」が2020年9月24日の木曜日に提供した有料コース「孫悟空」の的中結果です。

前回に「舟遊記は中級コースの参加が正解では」的な事を書いたのですが、そう書いておいて今回は上級コースである孫悟空で参加してしまいました。やはり、舟遊記で帯封を獲ってみたかったというのがあります。

これまでの参加での最高額は同じ孫悟空コースで97万円強と惜しい所までは獲っているのですが・・・(というか、先に書いてありますが今回も届いてません)

この日提供されたのはボートレース多摩川で開催されていた一般戦、日本財団会長賞の最終日6Rからボートレース福岡で開催されていた一般戦、日刊スポーツ杯争奪戦の5日目6Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

1レース目の多摩川6Rでは6点の買い目で、4枠の土性雅也選手を信頼した買い目となっていました。71歳の現役ボートレーサー高橋二朗選手もしっかり押さえています。投資額は1点あたり2,000円~3,000円の計15,000円でした。

結果は土性選手が差しての勝利、2着には71歳高橋選手が入っての3連単4-1-3での的中となりました。的中買い目への投資額は3,000円的中倍率は36.7倍でしたので、まずは110,100円の獲得です。

コロガシの1レース目で10万円突破は、期待が膨らみます。そのコロガシ先2レース目の福岡6Rでは4点勝負と1レース目よりも少点数での勝負です。買い目は2枠の近江翔吾選手と4枠の石川真二選手がメインでした。

結果としては4枠の石川選手が2コースまで前付けしたものの勝ったのは3コースからとなった2枠の近江選手で、3連単2-4-5での的中となりました。

的中買い目への投資額は4点への均等投資という事で27,500円的中倍率は29.7倍ですので最終的な配当は816,750円となりました。

孫悟空コースでまたも100万円ならず・・・こうなると、帯封達成まで粘るか、それとも中級コースでコスパを取るか・・・一週間、考えてみようと思います。ともあれ、大勝は大勝ですが。

舟遊記で厳選予想をチェック

口コミ

タイトルとURLをコピーしました